自分が関わる『最小単位のコミュニティ』を大切にする意味

自分の周りにある小さなコミュニティを知っていますか?
意識しているでしょうか。
人は、誰しもコミュニティの中に居ます。
これからの時代は、更にそのコミュニティが大切になっていくその意味とは?

この記事の目次

  • 最小単位のコミュニティとは
  • 夫婦、パートナーシップのかたち
  • これから必要になること

最小単位のコミュニティとは

最小単位のコミュニティと聞いて、何を思う浮かべるでしょう。
2人以上集まれば、そこはコミュニティ
夫婦、家族、パートナー
そんな小さな関係が、最小単位のコミュニティです。

その関係には、プライベートだけでなく、ビジネスとしてのパートナーもあるかもしれませんが、
誰もが、生まれた時から何らかの小さなコミュニティの中で、育ってきたことに変わりはありません。

社会が大きく変わるとき
自身の生活が大きく変化するとき

自分が関わる『最小単位のコミュニティ』を大切にすることは、大きな意味を持ってきます。

変化の中では、自分をしっかり持たなければ、変化の波に飲まれます。
「支え合う」という言葉があるように
お互いの意志、意図を理解し合い、支える合うこと『強さ』になっていくと思うのです。

夫婦、パートナーシップのかたち

「支え合う」というと、夫婦であったり、パートナーシップなどを思い浮かべます。
未来予想のようですが、夫婦のかたち、結婚のかたちは、これから大きく様変わりすると思います。

その理由は、最小単位のコミュニティである相手と、これから先をどういう『かたち』にしていくのか、それぞれの中で選択し決めていくと思うからです。
選択の中には、従来の結婚の制度ではないこともあるでしょうし、一緒に暮らすのか、少し距離を取って暮らすのか、そんな関係も選択の中に入るでしょう。

なにより、どんな『かたち』を選択するのか、しっかりと話し合うということが、当たり前になってくると思うのです。

2人以上集まったら、意志を伝え合う、理解し合うことが必要です。
どんな風に感じているのか
どんなことを思っているのか
何を求め、何が好きなのか

志を伝え合って、理解し合いながら、自分たちの『かたち』を作っていく。
そんなことが、求められると思います。


これから必要になること

「これから…」と先で書きましたが、これは、若い世代の人だけのことではありません。

どんな世代であっても、自分の周りにある「最小単位のコミュニティ」を大切にすることは、必要となります

会社という組織の中で、みんなが同じ方向を向いて、何十年も会社を盛り上げるとい時代が、様変わりしているとき。
『自分』という世界をしっかりと持つために、支え合うコミュニティと向き合う。

意志を伝え合うにしても、まず自分のことを理解する必要があります。
何がしたいのか
何がしたくないのか
生きづらさを感じているのなら、どんな風に手放すのか。

自分を理解しなければ、相手に意志が伝わりません
と同時に、相手の意志を受け取る余裕も持てなくなります。

これから必要になることは、やっぱり自分を理解すること、そして、身近なコミュニティに居る相手と、理解し合うことだと思います。

そこができてこそ、もう少し大きなコミュニティで自分らしく居られるのですから。


自分をまるっと受け取って、居心地のいい自分に戻るコーチングをご提供しています。

ライフシフトコーチング

生きづらさを手放し自分の意志で生きる人生を取り戻すメニュー。
過去の自分、いまの自分、未来の自分と向き合うお手伝い。
ひとりで向き合い、人生を変えていくには力が要ります。
誰かと一緒に、いま抱えているものを手放すと、安心と勇気が湧いていきます。
まずは、オンライン説明会で、雰囲気を感じ、ご自身の人生を変える場面をイメージしてみませんか?
現在、体験セッションを受け付けております。
▷ライフシフトコーチング体験セッション詳細

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA